生理不順は若いうちから治さないといけない

昔から生理不順でホルモンバランスが崩れて辛いです。

二十歳をこえてから子宮をエコーで診ましたが生理不順で子宮内膜症になるおそれがあると言われて怖かったです。
年齢を重ねるごとに生理が遅いだけじゃなく、体のあちこちが痛い、頭痛がする、熱っぽいし太ってしまうなど症状が悪化してきました。

エコー検査で子宮の様子を見ながら、ひどければピルなど飲んで生理不順を治した方が良いと言われましたが何回も検診を受けるのにはお金もかかります。

正直、子どもをうみたい時に産婦人科で薬を飲んだり生理不順を治せば何とかなると思っていました。
女性の悩みは妊娠やPMSや乳がんなどと思っていましたが、若いうちから治さないといけないものがあることは知りませんでした。エコー検査以外にも生理を終えているのにホルモンバランスが生理が来ている時と同じくらい崩れているとも言われました。

2016-07-21_171104

確かに精神的にイライラしたりもきついです。

ピルなど飲んだ経験もありますが合わなくて吐き気がひどくやめてしまいました。飲んでいた時は生理は順調にきていましたが体が耐えれませんでした。ピルはきついので漢方薬は飲んでいましたが効いているのかが分かりませんでした。

ホルモンバランスの崩れで精神的にも乱れていて学生の時から基礎体温表をつけなければいけず、通学があったのでつけることもしんどかったです。

学生の時は妊娠に関係する方が基礎体温表をつけると思っていたので、周りに話すこともできず一人で悩んでいました。大人になってからは生理不順だと妊娠がわかりにくいことで、妊娠検査薬の使いどころも難しく妊娠していなくても生理があまりにも遅れると不安にかられます。何もなくとも妊娠検査薬を置いておくので知り合いに見つかると気まずくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です