生理不順は若いうちから治さないといけない

昔から生理不順でホルモンバランスが崩れて辛いです。

二十歳をこえてから子宮をエコーで診ましたが生理不順で子宮内膜症になるおそれがあると言われて怖かったです。
年齢を重ねるごとに生理が遅いだけじゃなく、体のあちこちが痛い、頭痛がする、熱っぽいし太ってしまうなど症状が悪化してきました。

エコー検査で子宮の様子を見ながら、ひどければピルなど飲んで生理不順を治した方が良いと言われましたが何回も検診を受けるのにはお金もかかります。

正直、子どもをうみたい時に産婦人科で薬を飲んだり生理不順を治せば何とかなると思っていました。
女性の悩みは妊娠やPMSや乳がんなどと思っていましたが、若いうちから治さないといけないものがあることは知りませんでした。エコー検査以外にも生理を終えているのにホルモンバランスが生理が来ている時と同じくらい崩れているとも言われました。

2016-07-21_171104
マカdx 効果

確かに精神的にイライラしたりもきついです。

ピルなど飲んだ経験もありますが合わなくて吐き気がひどくやめてしまいました。飲んでいた時は生理は順調にきていましたが体が耐えれませんでした。ピルはきついので漢方薬は飲んでいましたが効いているのかが分かりませんでした。

ホルモンバランスの崩れで精神的にも乱れていて学生の時から基礎体温表をつけなければいけず、通学があったのでつけることもしんどかったです。

学生の時は妊娠に関係する方が基礎体温表をつけると思っていたので、周りに話すこともできず一人で悩んでいました。大人になってからは生理不順だと妊娠がわかりにくいことで、妊娠検査薬の使いどころも難しく妊娠していなくても生理があまりにも遅れると不安にかられます。何もなくとも妊娠検査薬を置いておくので知り合いに見つかると気まずくなります。

出産後の女性ホルモンの急変化 産後うつの原因にも

女性は、妊娠⇒出産⇒産後にかけてホルモンバランスは上がったり下がったりと大忙しです。

妊娠して出産するまでの間、女性ホルモンは少しずつ増えていきます。妊娠中は、マタニティブルーなどと言われるように、感情の起伏が激しくなったり、シミができやすくなったり、様々な変化が起こります。これは、女性ホルモンが関係していると言えます。

出産までは増え続ける女性ホルモンですが、出産を機に一気に減少します。そこからは、産後うつ、産後クライシスなどと言う言葉があるように、攻撃的になったり、苛々しやすくなる事があります。産後うつは、40パーセント前後の人が経験すると言われています。一時的なものですが、人によっては産後数年くらい産後うつに悩まされる人もいます。また、赤ちゃんが産まれると、なかなかゆっくり出来なくなり、不眠などから疲労が溜まりやすくなります。夫が非協力的だったりすると、夫への不満も募り、余計に回復が遅くなります。

私は、子供が2人います。1人目の時は、ホルモンバランスの乱れに悩まされる事は、ありませんでしたが、2人目の時は相当悩まされました。産後2カ月経たずで、フルタイムで仕事復帰しました。夫も育児や家事には非協力的なのに加えて、上の子と同じ保育園に入れず、2個所の保育園の送り迎え。何もないのに涙が出てきたり、常に夫に対しては苛々していました。それに加えて、ホルモンバランスの影響で、抜け毛や白髪は増えるし、肌トラブルとしては、シミも増え、肌の不調も続きました。また、子供たちに対してこんな母親で申し訳ない気持ちにもなりました。

しかし、産後1~2年はそういうものだと割り切って、向き合っていくしかありません。誰が悪い訳でもないのです。ストレスをためるなと言っても中々難しい事ですし、出来る事と言えば、生活習慣の改善でしょう。出来るだけ、自分一人の時間を持ちストレスをためないようにしたり、体にいいものを食べたり、良質な睡眠をとるように心がけたりしながら、少しずつホルモンバランスの乱れを改善していく事が大切です。